Just another WordPress site

menu

引越し業者のランキング白鳩ナビ

お得に引越ししたい方必見情報です

引越し価格ガイド




ズバット引越し比較




引越し侍




引っ越しをする時は必ず数社に見積りを取るようにしましょう。
それぞれに見積もってもらい、業者どおしが競争をして結果より良いサービスを受けることができるようになります。
業者にとっては相見積を取られていることは半分承知しています。
相見積したら相手に悪いのではなどと引け目を感じる必要は全くありません。
むしろ他の業者でも見積りを取っている事を伝えた方が、値引きなどを引き出せるかもしれません。迷わず相見積を取りましょう。

引っ越しとは、生活や活動の拠点を現在の場所から他の場所に移すことです。
引っ越しには様々な理由があります。「引っ越しの数だけ理由あり」といってもいいでしょう。
まずは今まで住んでいた住居が手狭になり、部屋数のある家や広い家に移る、または賃貸住宅から分譲住宅もしくはマンションに移るといった例があります。結婚や出産による家族構成の変化が理由になる場合が多いですが、独身者でも、住んでいる住居の老朽化や家賃更新対策、また生活スタイルの変化や単純に気分転換だったりもします。
収入に変化があり、今まで通りの家賃を払うのが難しくなり安い物件を探して引っ越すもあれば、逆に収入が増え、生活を便利で豊かにするために条件のよい物件に引っ越す場合もあります。
引っ越しは個人や家族だけではなく、会社や店舗などにもあてはまります。
会社の場合、社員数が増えてより大きなオフィスが必要になったり、新社屋を構えたり、営業内容や範囲の変化に伴い拠点を移動したりといった理由で引っ越しをする場合が多いです。
店舗の場合は、さらに集客が見込める好立地の場所に移る場合と、維持費削減のためにテナント料が安いところに移る場合などがあります。
引っ越しの理由は人、会社、店舗などによって実に様々であれ、共通していえるのは今まで生活していた、もしくは活動していた場所にあった家具や用具などを全て
搬出して、新しい引っ越し先に運び入れるということです。
その際に古いものや、使用しないものは粗大ごみやリサイクルで処分しますが、その他のものに関しては荷造りし、引っ越し業者や協力者の手伝いを受けてすべて移動します。大きな荷物があったり、個数があるので引っ越し業者に依頼し、効率よく運んでもらうのが一般的ですが、それまでの荷物の選別やある程度の荷づくり、また引っ越し作業に関しての準備は当人で行う必要があるので、引っ越しが決まった段階から早めに、そして計画的にすすめることが大事です。
引っ越し先が比較的近い場合、また単身で荷物の少ない場合は引っ越し業者に依頼せず、自ら行うことも可能です。荷物や手間の関係で引っ越し業者に依頼する場合は、引っ越し業者によって単身パックや割引制度があるので、引っ越しが決まり、荷物の選別がある程度ついた段階で、引っ越し業者の一括見積をとるなどし、サービス内容と価格を照らし合わせ検討するのをおすすめします。
家族や会社、店舗の場合も同様で、引っ越し業者によって、また引っ越し日、シーズンや平日土日、日中か夜間かなどの違いによってかなり料金が変わってくるので、焦って決めず、じっくり検討するようにしましょう。
引っ越し業者の中には強引に契約をすすめる業者も存在します。「いまだけ値引します」「他と検討してもらって、もし納得いただけない場合には解約できます」と謳う営業マンがいますが、後々トラブルになることが多いので、その場での気がすすまない契約は避けたほうが賢明です。
また引っ越し作業や業者の手配だけでなく、各種変更手続きもしなくてはいけません。
まず引っ越し前に、住んでいる市町村の役場に「転出届」を提出します。転出届を提出すると「転出証明書」が発行されるので、引っ越し先の市町村の役所に提出し、「転入届」を提出します。転出入届を終えて初めて無事に引っ越しが完了したといえます。それ以外にも電気、ガス、水道、電話(固定・携帯)、インターネットプロバイダなどといった公共サービスの住所変更手続きも必須ですし、銀行や郵便局、クレジットカード、生命保険の住所変更手続きも忘れずに行いましょう。
また子供がいる場合で学区が変わる場合には転校、転入の手続きをします。学校によっても若干違ってきたりするので、それぞれの学校の担当者に確認するようにしましょう。学区が変わらない場合でも、児童個票に記載されている住所や登校班は変わってくるので、引っ越しが決まった段階で担任に報告し、住所が確定した段階で必要事項を伝える義務があります。
そういった引っ越しに関わる各種の変更手続きは、必要書類が1枚足りないだけでも印鑑が違っても、記入漏れやミスがあっても受けつけてもらえないことがほとんどです。少しのミスで2度手間、3度手間となってしまうので、記入には慎重を期して、不明な点があれば各機関の担当者に要確認するようにしましょう。
引っ越し作業、各種変更手続き以外にも大事なことがあります。それはお世話になった方、またこれからお世話になる方への挨拶です。
今まで住んでいた場所でお世話になった人には、一言挨拶をしてから引っ越したいものです。引っ越し作業は大きな音がでたり、業者や車両の出入りで騒がしくなったり、共同住宅の場合はエレベーターを使用したりと、なにかと迷惑をかけてしまう恐れもあるので一言「お騒がせします」とお断りしておくのがスマートです。
引っ越し先でも同様です。引っ越し先では、お互いの顔を見知るためにも、また今後の円滑な近所付き合いのためにも、タオルや洗剤など安価なものでよいので引っ越し祝いを持参して挨拶するのがベターです。